むだ毛の脱毛を考えるなら、脱毛サロンか脱毛クリニックを

Pocket

むだ毛の脱毛を考えるなら、脱毛サロンか脱毛クリニックを利用するかの選択があります。
この二つの違いは、大まかですが施術に使う機器の出力に違いがあると言ってもいいでしょう。
医療脱毛は脱毛クリニックでしか受けられず、脱毛サロンより強い機器を使って施術を行うため、ちょっと痛みは強いのですがしかし、確実な脱毛効果が期待できます。脱毛クリニックには医師が常在し、医師の監督下でのみ施術が行われるという点もクリニックならではの特徴ですね。
医療脱毛だったら脱毛サロンやエステに通うよりも施術を受けるのが短期間で終了します。
どのレベルで満足するかにも左右されますが、普通は6回程度の施術を受ければ、納得のいく状態になるはずです。
単発で依頼するより、複数回まとめて依頼したほうが低価格で施術を受けることができるケースが多いので、まずは6回で契約してみるようにしましょう。
初めて顔脱毛をしてもらう際は、契約する前に、肌の状況や脱毛方式などによって施術できる場所が微妙に違うので、できる部位とできない部位とをきちんと施術が受けられるよう、先に確認しておきましょう。
肌の状態とは関係なく、光脱毛方式の場合は目の周辺にはできませんので、目の周囲ということは、眉(のまわり)の脱毛もできないということです。
メラニンの沈着が見られるシミやホクロ部分も、ダメージを避けるため、脱毛できません。
炎症している箇所や治っていないニキビも避けて施術することになります。
施術後は素肌に保湿剤をつける程度が望ましいのですが、普通にメイクも可能です。こすったり強い刺激を与えないようにすることが大事ですので、洗顔後にタオルで強く拭ったりしないでください。脱毛方法の一つであるニードルを使っての脱毛は、一つ一つの毛穴に針を入れてきわめて少量の電気を通しながら、ムダ毛を再生させる組織を消滅させます。とても手間がかかることですし、比較的痛みが強い方法だという声もありますが、永久脱毛できると言えるでしょう。
信頼できる技術を持った施術者に施術してもらうと、もうムダ毛で悩まなくてもよくなるのです。
毛深いタイプの人に関しては、脱毛エステで満足がいくような状態になるまでかなり時間をかけなければならないようです。例えば普通の人が脱毛を12回ほどで済ませてしまえるところをちょっと毛深い人はさらに5、6回追加で通う必要があるかもしれません。
できれば時間はかけたくないという人は、医療系の脱毛クリニックで施術を受けた方が脱毛を短期間で終わらせることができるようです。
ただ、クリニックの機器はパワーが大きく、痛みが多少強く感じるようになる傾向があります。一般的に、光脱毛は産毛については効果が得られにくいようです。
エステや脱毛サロンなどの光脱毛で使われる光は黒い色の箇所に作用するので、産毛などの色があまりない毛には反応しづらいわけですね。
その脱毛サロンで採用してるのが光脱毛だとしたら、顔脱毛を受ける場合は、脱毛技術のしっかりしている店を選ばないと肌のトラブルが起こりうる危険性もあります。
お風呂で使える脱毛器もあるんですよ。
湯船に浸かって毛穴が開いた頃に脱毛処理すればそれほど痛みませんし、処理した毛がどこに飛び散ってもサッとシャワーで流すだけです。
ただ、脱毛器の機種によっては電池の消耗時間が短くなる場合もあるので、繰り返し充電できる電池を使った方がお得だと思います。家庭用脱毛器として、とても人気があるケノンは脱毛サロンで使われる光脱毛マシーンに非常に近い機能の期待できる脱毛器となっているのです。
しかし、ケノンでの脱毛はサロンで行ってもらう脱毛と同様に永久脱毛というわけではありません。人によっては、一度つるつるの肌になっても、ある程度時間が経過した後にムダ毛が再生する事があるそうです。

コメントを残す